拙者は高島流砲術の銃士で
「とのやま」と申します
 一番隊長を
命じられております、
 以後お見知りおき下され。