© 2023 by Nature Org. Proudly created with Wix.com

​マスコットの高島クマゴロウ
​詳しくはクリック!

 「西洋流火術鉄砲隊保存会」HP管理人「まさひろ」による趣味の徒然ブログです不定期に更新しています。

 ※ホームページもぜひ見てね!

2017/09/17

高島流砲術

 四万川の源流に吠える温泉バカ1人、それが噂の秘湯ハンターだぜ!​ 

 東の山奥にサルしか知らない珍湯があると聞けばはせ参じ。西の渓谷の奥の奥、そのまた奥に岩魚と混浴出来る隠湯があるかもしれないと小耳にはさめばほふく前進してでも浸かりに行く・・・・それが「秘湯ハンター」なのだ。

  温泉のためなら残り少ない有給休暇を惜しまず使い、上司の叱咤も激励と受け取り今日もどこかの深山幽谷を手ぬぐい片手にさ迷い歩く。・・・・・嗚呼秘湯ハンターよ今日は何処まで行ったやら。

ま...

2017/08/21

高島流砲術

 8月6日、千葉県にある知り合いの骨董商から格安で国友藤兵衛重当の火縄銃が手に入った、ざっと見積もってもかなりの修理が必要だと思いましたが・・・・・それも楽しみの内なのです。

 ★見積もり修理箇所★

 1.尾栓が抜けない

 2.カルカがない

 3.撃鉄が掛からない

 4.銃口内のサビ

 5.カラクリ内部の清掃

 6.引きガネ圧力調整ゼンマイの鈎の欠落

 7.全体のサビ落とし

【修理の開始なのだ!】

 ザッと調べてみると上記の様なか々の修理内容でした、しかしまず一番気になるのは尾...

2017/05/13

高島流砲術

 春の深山に吠える温泉バカ1人、それが噂の秘湯ハンターだぜ!​ 

 東の山奥にサルしか知らない珍湯があると聞けばはせ参じ。西の渓谷の奥の奥、そのまた奥に岩魚と混浴出来る隠湯があるかもしれないと小耳にはさめばほふく前進してでも浸かりに行く・・・・それが「秘湯ハンター」なのだ。

  温泉のためなら残り少ない有給休暇を惜しまず使い、上司の叱咤も激励と受け取り今日もどこかの深山幽谷を手ぬぐい片手にさ迷い歩く。・・・・・嗚呼秘湯ハンターよ今日は何処まで行ったやら。

孤独の...

2017/03/12

高島流砲術

 幕末の鋳金家「本間琢斎ほんま-たくさい」作のフリントロック式拳銃1/1縮尺図を手に入れました。図面サイズは縦25㎝×横35センチ、和紙に描かれています。この拳銃の特徴は銃身下部に小刀が装備された非常に攻撃的な武器で小刀は通常は折りたたまれており弾を撃ち終わり更に攻撃する場合はロールアップして小刀を出して斬りかかる事が出来る当時としては究極の武器です。

 図面から見て小刀の刃は両刃仕立てで構えた時両刃は左右に位置し、これは日本刀の様に縦に切るのではなく左右に薙...

2016/12/31

高島流砲術

 年も押し迫った昨日の12月30日に近所のリサイクルショップに何となく立ち寄ったところ、「おやっ?」・・・・・商品棚の片隅に左写真の機械式置時計を発見いたしました、手に取って裏ぶたを開くと別に付属してある鍵でゼンマイを巻き上げて使用する古いタイプの時計でした。文字盤には「〇に◇の中にS」なのでたぶんSEIKO、時代もかなり古く昭和初期かもしかしたら大正と推測、ですが鍵でゼンマイを巻き上げても動きません、内部の機械を調べたところ欠落部品はどうやら無いようなので...

2016/11/19

高島流砲術

 秋の深山に吠える温泉バカ1人、それが噂の秘湯ハンターだぜ!​ 

 東の山奥にサルしか知らない珍湯があると聞けばはせ参じ。西の渓谷の奥の奥、そのまた奥に岩魚と混浴出来る隠湯があるかもしれないと小耳にはさめばほふく前進してでも浸かりに行く・・・・それが「秘湯ハンター」なのだ。

  温泉のためなら残り少ない有給休暇を惜しまず使い、上司の叱咤も激励と受け取り今日もどこかの深山幽谷を手ぬぐい片手にさ迷い歩く。・・・・・嗚呼秘湯ハンターよ今日は何処まで行ったやら。

  群...

2016/10/16

高島流砲術

 秋の深山に吠える温泉バカ1人、それが噂の秘湯ハンターだぜ!

 東の山奥にサルしか知らない珍湯があると聞けばはせ参じ。西の渓谷の奥の奥、そのまた奥に岩魚と混浴出来る隠湯があるかもしれないと小耳にはさめばほふく前進してでも浸かりに行く・・・・それが「秘湯ハンター」なのだ。

 温泉のためなら残り少ない有給休暇を惜しまず使い、上司の叱咤も激励と受け取り今日もどこかの深山幽谷を手ぬぐい片手にさ迷い歩く。・・・・・嗚呼秘湯ハンターよ今日は何処まで行ったやら。

 管理されず、...

2016/08/11

高島流砲術

恐怖!深夜の青木ヶ原樹海に頭蓋骨がコロリン!


 高島流砲術の管理人「まさひろ」です、毎回鉄砲隊絡みの話では・・・・と思いました。そこで季節は夏ど真ん中なので体験した実話妖(あやかし)話を一本、残暑お見舞いのつもりでアップし涼風を献上いたします。

 ★プロローグ★

 今から数十年前私が現役の自衛官時代の事です。レインジャー教育隊での第八想定は富士山の本栖湖を上陸用ボートで渡渉、その後に態勢を整えて青木ヶ原樹海に突入しコンパス行進にて方位を測りつつ前進をしていました...

2016/08/10

高島流砲術

 高島流砲術の管理人「まさひろ」です、我が家の我が部屋にある階段箪笥に鎮座している「ご家老」です、高さは15㎝ほどの見ての通りのご老体博多人形です。出会いは数年前に埼玉県八潮市にあるリサイクルショップでした、ワゴンセールの中にこの人形を発見、裃(かみしも)姿の珍しさに手に取ってみました、「で、値段は」・・・・・なんと300円のと激安に購入しました。そして以前オークションで購入した1/16モデルの手作り火縄銃と合わせてみると何とピッタリとマッチ、そこに脇差を加...

2016/07/14

高島流砲術

 高島流砲術の管理人「まさひろ」です、年に一回の射撃訓練で7月10日(日)に栃木の「ニッコー綜合射撃場」で空砲射撃と実弾射撃をやってきました。気温は30°越えで蒸し暑くコンディションとしては良い状況ではありません、今回射撃に使用する銃は会で所有する「初号銃」全長119.3㎝、銃身長90.3㎝、口径11.25㎜、重量3㎏、作者名:田中安兵衛と「弐番銃」全長129.2㎝、銃身長99.8㎝、口径11.25㎜、重量3.3㎏、作者名:国友寛倫です。

 50メートル先の的...

Please reload

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now